引越し 見積もり 単身 都内

簡単に単身引越しを完結させるポイント

 

これからヤマト運輸での引越しに関するノウハウに入ります。
(単身引越しメインの内容となっております)

 

まずは個人的な経験をフルに活用させ、最短ルートで引越しをするのは??に絞らせていただきます。

 

都内や田舎にも使えると思います。

 

まずは単身引越しの場合、家具、家電、家財、色々とあると思います。

 

ここでまず、ヤマト単身引越(mini)を想定すると、ダンボールで収まる分量だけと考えて見積もりを取ると良いでしょう。

 

なので、まずは市役所の斡旋しているゴミ処理業社にてダンボールに入らないものを全て処分します。
(なぜ市であるのか?は信用の問題です)

 

すると見積もりにきますが、それなりに安く市の委託の手前やってくてるでしょう(地方自治体によります)。

 

ここで、ヤマト単身引越が登場です。

 

家具も何もない、必要なものだけをダンボールに詰めるだけです。

 

そして見積もりも想像以上に安いものとなっていることでしょう(価格には変動があるので提示しません)。

 

簡単に考えてください、ダンボールに入らないものは処分(業者)、物を詰める(ダンボール)当日にヤマトさんがダンボールだけを受け取りにくる。

 

しかも、ダンボールだけなので10分程度の時間で引越し自体は終了しました。

 

あくまでこれは、単身でかつ最安でスピーディーに本州越えをする事を想定したものです。

 

皆さまもスムーズな引越しができるよう願っております。

 

単身引越しは他の業者にもありますが、ヤマトの引越しを是非検討中にしてみてください。

 

引越し前の所でのエピソード

 

実家では8人家族で住んでいました。

 

ある時、犬を飼いました。

 

その頃からお向かいさんのおばあちゃんが、許可なく勝手にうちの庭に入って犬と遊んでいるのです。

 

引越し見積もり攻略「単身×都内引越しver」

遊んでくれるだけならまだいいのですが、勝手に餌まであげるのです。

 

犬には与えてはいけない食べ物があり、犬にも食べ物のアレルギーがあったりするのです。

 

特にどの犬でも絶対に食べさせてはいけない、チョコやネギ類をそのおばあちゃんは与えるのです。

 

多かったのがお味噌汁をご飯にかけたもの。

 

もちろん、ネギが入っています。

 

犬が好きで可愛がってくれるのは嬉しいのですが、限度というものもあります。

 

我が家の犬は、大事な家族の一員なのです。

 

そのおばあちゃんも優しくて、面倒見のよい人でよく、お世話になっています。

 

ですが、我が家の犬が何かしら体調不良になったりした時に、疑わなければいけなくなります。それが、嫌です。

 

私は、おばあちゃんには悪意があってやっているとはとても思えず、それに一人暮らしなので、さみしいのかもしれないと思って注意することはできませんでした。

 

しかし、ある日、私がバイトから帰ってくるといつも通り、うちの犬と戯れているお向かいのおばあちゃんの姿がありました。

 

挨拶をして、私も一緒に犬と戯れていると、時々、犬がげぇげぇと苦しそうに唸るのでした。

 

一応、おばあちゃんに何かあげました?と尋ねました。

 

すると、チキンの骨を与えたと言います。

 

犬が骨をしゃぶるのはアニメの世界だけです。

 

我が家の犬が、その骨を飲み込んで、苦しんでいるのだと思って、その時におばあちゃんに対して、勝手に餌を与えるのはやめてほしいとお願いをしました。
そしてすぐに病院へ連れて行きました。

 

おばあちゃんは次の日から、ドッグフードやビーフジャーキーなど、犬用のおやつを与えるようになりました。

 

ですが、全然意味をわかってはくれません。